カタログ

こんなところにもクラレのマイクロレンズアレイ ダウンロード

株式会社クラレ

お客様の大切な開発案件や製品にクラレのマイクロレンズアレイを!

以下の内容を紹介しています。
・微細加工技術
・微細凹凸形状の例
・精密成形技術
・製品への応用例
 ・ヘッドアップディスプレイ用スクリーン
 ・ヘッドマウントディスプレイ用ソフトフォーカスフィルタ
 ・高効率広視野ランダム拡散フィルム

このカタログ(こんなところにもクラレのマイクロレンズアレイ)の内容

Page 1:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 1

Page 2:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部フォトレジストプリベーク露光現像めっきニッケル電鋳スタンパフォトマスククラレ独自のマスタリング技術を活かし、スタンパと呼ばれる金属型を作製微細加工技術表面に微細凹凸が形成された新規成形部材のご提案微細加工技術2高さ3~30μm、幅5~150μm程度が制御しやすいサイズ※上記範囲外でも対応できる形状もございますので、お気軽にご相談ください

Page 3:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部Φ1×h1μm Φ5×h2.5μm Φ60×h35μmパターンの混在配置ドームレンズ微小形状5μmL/S h3μm3微細凹凸形状の例①

Page 4:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 4微細凹凸形状の例②

Page 5:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部頂角150° 高さ6.5μm ピッチ52μm 頂角115° 高さ5.7μm ピッチ25μm50μm 10μm頂角130°高さ7μm ピッチ35μm5微細凹凸形状の例③

Page 6:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部底部幅20μm 高さ10μm ピッチ22μm20μm底部幅11~20μm 高さ5μm ピッチ12~22μm6微細凹凸形状の例④

Page 7:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 7微細凹凸形状の例⑤

Page 8:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 8微細凹凸形状の例⑥

Page 9:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部UVインプリント成形9材料選択の自由度があり、各種用途への展開が可能UV硬化性樹脂:易転写性、易離型性、透明性、硬度など基材フィルム:PET, PC, COP, PMMAなど精密成形技術

Page 10:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 10製品への応用例①ヘッドアップディスプレイ用スクリーン②ヘッドマウントディスプレイ用ソフトフォーカスフィルタ③高効率広視野ランダム拡散フィルム

Page 11:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部製品への応用例①ヘッドアップディスプレイ用スクリーン

Page 12:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部HUD用スクリーンプロジェクション方式ヘッドアップディスプレイに適用できるスクリーンです。精密に形成されたマイクロレンズアレイで構成されており、精細な画質を実現するとともに、光利用効率を高くすることで省エネに貢献します!

Page 13:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部HUD用スクリーンマイクロレンズアレイで構成された透過型スクリーンPitch 20~150 μmArea ~100x60 mm独自の光学設計+レンズ作製技術○ 色割れ、面内均一性、光利用効率、粒状感マイクロレンズアレイのランダム性の制御により、課題である画質を改善。精密なレンズ形状により高効率を実現

Page 14:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 14標準スクリーンサンプルリストHUD用スクリーン

Page 15:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 15②ヘッドマウントディスプレイ用ソフトフォーカスフィルタ製品への応用例

Page 16:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 16HMD用ローパスフィルタヘッドマウントディスプレイ(HMD)とは・・・頭部装着可能なウェアラブルディスプレイのこと。シースルーディスプレイを用いた「拡張現実(AR:Augmented Reality)タイプ」と、視野を完全に遮断する「仮想現実(VR:Virtual Reality)タイプ」の総称。シーンに合わせて使い分けることで、新しい世界が広がる!VRタイプHMD

Page 17:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 17HMD用ローパスフィルタローパスフィルタ有り格子状模様が見えないローパスフィルタ無し格子状模様が見えるディスプレイの格子状模様のサイズに合わせてマイクロレンズアレイを最適化。その結果、ソフトフォーカスフィルタとしての機能を果たし、HMDの画質改善に貢献します!

Page 18:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 18製品への応用例③高効率広視野ランダム拡散フィルム

Page 19:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 19高効率広視野ランダム拡散フィルムランダム拡散パターン(Kuraray Light diffuser:KL)の特徴◆部材表面に形成された微細パターンで光を等方拡散★直下型照明におけるLEDイメージの消去 :低コスト化★拡散材練込み部材よりも高透過/高拡散 :高効率◆独自の光学設計によるランダムな微細パターンを形成★LED光源の色付き・グレア・モアレを抑制 :高品位◆各種成形方法により、拡散板や拡散フィルムを作製可能★お客様のニーズに合った部材のご提供 :高適用性◆繋ぎ目なしに600mm程度のスタンパ(金型)の作製が可能:大面積化

Page 20:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部 20高効率広視野ランダム拡散フィルムランダム拡散パターンの電子顕微鏡写真LEDとフィルムの距離を変えた時のイメージ近い 遠い

Page 21:株式会社クラレ 研究開発本部 成形部材事業推進部お客様の大切な開発案件や製品にクラレのマイクロレンズアレイを!21

株式会社クラレ

クラレは当時の先端技術であった人造絹糸レーヨンを企業化することを目的に1926年に創立されました。また、第二次世界大戦後の1950年には、我が国初の国産合成繊維として世界に先駆けてPVA(ポバール)繊...

〒 100-8115
東京都千代田区大手町1丁目1-3 大手センタービル

株式会社クラレが登録している他カタログ

編集長のおすすめ製品

公開中の特集

製品分類