光学顕微鏡に戻る

実体顕微鏡

8件の登録があります。

実体顕微鏡(じったいけんびきょう、英:Stereo microscope)とは、比較的低倍率(2-30倍程度)で、観察対象を薄切標本などにせず、そのままの状態で観察するための顕微鏡である。双眼実体顕微鏡ともいう。顕微鏡観察を行いながら解剖などの作業する場合などに使われるので、対物レンズから接眼レンズまで双眼で、立体視が可能なものもある。たとえば、脳外科手術用の顕微鏡などもこれに類するものである。普通は落射照明によって物体表面を観察するように使うが、透過光を用いる場合もあり、この両方の光源を組み込んだ装置もある。

もっと見る 閉じる

実体顕微鏡http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

製品分類