光学顕微鏡に戻る

位相差顕微鏡

1件の登録があります。

位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)とは、光線の位相差をコントラストに変換して観察できる光学顕微鏡のことである。標本を無染色・非侵襲的に観察することができるため、特に生物細胞を観察する場合や臨床検査に多く用いられる。また、石綿の検出にも使用される。

もっと見る 閉じる

位相差顕微鏡http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

製品分類