長さ/距離に戻る

メジャー/スケール

2件の登録があります。

メジャー(英語: Tape measureまたはMeasuring tape)は、目盛が振られた帯を用いて長さを測定する道具の総称である。巻尺(まきじゃく)、コンベックス(短縮形としてコンベ)、スケール等、呼称はタイプによって様々である。建築作業や洋裁のほか、大型の巻尺は陸上競技での計測などにも用いられており、長さの測定に幅広く用いられている。帯の材質は金属、樹脂、布などで、ケースに収納されている帯を必要に応じ送り出して、記入された数字を見て計測する。2メートルから10メートル程度を測る製品が多い。また、特定の長さで留めておくためのストッパーが内蔵されているものもある。日本で販売されるメジャーには計量法によりメートル単位で目盛りが付けられているが、例外もある(後述)。日本ではTJMデザイン(TAJIMA)、ムラテックKDS(KDS)が、欧米ではブラック・アンド・デッカー(スタンレー)などが主要メーカーである。

もっと見る 閉じる

メジャー_(測定機器)http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

製品分類