素材・材料に戻る

紙・パルプ

パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。1719年、フランス人のレオミュールは、スズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年になり、ドイツ人のシェッフェルがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年になり、ドイツ人のケラーがパルプを人工的に製造する方法を見つけ、1854年、砕木機をケラーが開発したことから紙を大量に製造できるようになった。

もっと見る 閉じる

パルプhttp://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

製品分類