電子・半導体に戻る

コンデンサ

コンデンサ(独: Kondensator、英: capacitor)または蓄電器(ちくでんき)とは、静電容量により電荷(電気エネルギー)を蓄えたり、放出したりする受動素子である。静電容量の単位はF(ファラッド)が使われる。通常使われるコンデンサは数pF - 数万μF程度であるが、電気二重層コンデンサなどでは数千Fオーバーの大容量な物もある。両端の端子に印加できる電圧(耐圧)は、2.5V - 10kV程度までさまざまである。なお、英語では、「condenser (コンデンサ)」と言った場合、復水器などを指す。この項目で説明しているようなコンデンサを指すには「capacitor (キャパシタ)」の語が主として用いられている(ただしコンデンサマイク (condenser microphone) など、英語でも「コンデンサ」で定着しているものもある)。

もっと見る 閉じる

コンデンサhttp://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

製品分類