機械部品に戻る

ばね/スプリング

ばねとは、金属などの弾性体における復元力を利用し、弾性エネルギーを蓄積する機械要素である。広義には、復元力を利用をするものの総称でもある。ばねの形状や用途は様々で、日常用品から車両、電気電子機器、構造物に至るまで、非常に多岐にわたって使用される。ばねの材料には金属、特に鉄鋼が広く用いられているが、用途に応じてゴム、セラミックスや空気といったものも復元力を生み出す材料とするばねもある。ばねは和語の一種だが、カタカナでバネという表記もよくなされる。現在使用されている漢字表記では発条と書かれる。英語に由来するスプリング(spring)という名称でもよく呼ばれる。諸説あるが、「跳ねる」から転じて「ばね」という語になったとされる。人類におけるばねの使用の歴史は太古に遡り、原始時代から利用されてきた弓はばねそのものである。カタパルトやクロスボウ、機械式時計、馬車の懸架装置などで利用され、ばねは発展を遂げていった。1678年にはイギリスのロバート・フックが、ばねにおいて非常に重要な物理法則となるフックの法則を発表した。産業革命後には、ばねも他の工業と同じく大きな発展を遂げた。理論的な設計手法が確立していき、今日では有限要素法も古典設計理論とともに併用される。現在では、省エネルギー、軽量化、安全性、超精密化、リサイクルなど要求が多様化し、高度な技術が求められるようになっている。

もっと見る 閉じる

編集長のおすすめ製品

公開中の特集

製品分類