製造加工機に戻る

ポンプ

ポンプ(オランダ語: pomp)は圧力の作用によって液体や気体を吸い上げたり送ったりするための機械。機械的なエネルギーで圧力差を発生させ液体や気体の運動エネルギーに変換させる流体機械である。喞筒(そくとう)ともいう。動物の心臓も一種のポンプである。また、機械的なポンプのようにエネルギーの蓄積や移送を行う目的の仕組みに「ポンプ」の語を当てることがある(ヒートポンプなど)。動作原理により、非容積型、容積型、特殊型に分類される。

もっと見る 閉じる

ポンプhttp://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

製品分類