軸受・ベアリングに戻る

玉軸受・ボールベアリング

11件の登録があります。

玉軸受(たまじくうけ)は、軸受の可動部品間を玉を使って分離する転がり軸受の一種。ボール軸受ボールベアリング (ball bearing) とも。玉軸受は、回転時の摩擦を軽減し、ラジアル荷重およびアキシャル荷重を支持することを目的とする。そのため、少なくとも2つの軌道輪(レース)で玉を囲み、玉を通して荷重を伝達する。通常、軌道輪の一方を固定する。一方の軌道輪が回転すると、それによって玉も回転する。玉が自転することで、2つの表面が接して回転するよりも摩擦が低くなる。玉軸受は玉と軌道輪の接触面積が小さいため、他の大きさが同程度の転がり軸受に比較して荷重許容量が低くなる傾向がある。しかし、内輪と外輪がずれていても許容できるという特徴がある。玉軸受は玉の製造コストが安いことから、他の軸受と比較すると最も安価な軸受と言うことが出来る。最近では工具鋼分野で、ナノレベルでボールベアリング状の結晶を形成することも行われている。

もっと見る 閉じる

公開中の特集

製品分類