マシンビジョン/画像処理に戻る

ハイスピードカメラ

17件の登録があります。

ハイスピードカメラ (High speed camera) とは、高速現象を撮影することを目的としたカメラ装置である。古くは旧来のフィルムを記録媒体に用いたフィルム式ハイスピードカメラ(フィルムを高速回転しながら撮影)が主流であったが、現在では記録部に半導体デジタルメモリ(DRAM)を用い、記録速度を速めたものが主流となっている。デジタル記録方式のカメラ技術が進んだため、フィルム方式のハイスピードカメラはその取り扱いの煩雑さやコストの面からもほぼ終息した。ただし、フィルムが持つ情報量はデジタルのそれを遙かに凌駕しており、解像力を重視する映画やCMの現場、濃度情報を重要視するテーマ(燃焼など)を抱える研究・開発系の現場ではまだフィルムカメラが多用されている。こうした業界へもデジタル方式のハイスピードカメラは浸透し始めており、フィルム式ハイスピードカメラの稼働率は確実に低下している。

もっと見る 閉じる

公開中の特集

製品分類